コーキングのひび割れや剥がれの放置は雨漏りの原因になる!?

2021年11月10日更新

皆さんのお家の外壁コーキングにひび割れはないですか?

 

「そもそもコーキングって何?」
「ひび割れはあるけど、何か問題があるの?」
こんな人が多いのではないでしょうか。

 

住宅の外壁におけるコーキングというのは、外壁材と外壁材の間や、窓と外壁材の間を埋める「充填剤」の事をいいます。

 

大きな役割は2つで、雨水を中に入れない事と地震や強風などの際にクッション材となる事です。
皆さんが知らないところで、住宅にとって大切な役割を担ってくれています。

 

そして、そんな大事なポジションであるコーキングにひび割れや剥がれが発生した場合、そのまま放置してしまうと雨漏りに繋がる可能性も・・。

 

そこで今回は下記のことをお伝えしていきたいと思います。

・なぜコーキングにひび割れや剥がれが発生してしまうのか

・コーキングのひび割れや剥がれを放置すると何が起きるのか

・コーキングの補修はどんな種類があるのか

 

早速順番に見ていきましょう!

 

 

コーキングのひび割れや剥がれの原因は経年劣化!

 

 

コーキングのひび割れや剥がれの主な原因は経年劣化です。

 

施工のレベルの低さや天候が原因となっている場合もありますが、多くは経年劣化が原因となっています。

 

コーキングは屋根や外壁と雨風にさらされている部材の1つです。
温度差による伸び縮みや硬化を繰り返す事で、徐々に劣化が進み、地震や風の振動でひび割れなどが発生してしまいます。

 

このように、経年劣化が原因という事はどの家にも平等にひび割れや剥がれが起きる可能性があるという事になりますよね。

 

人ごとと思わず、季節の変わり目などに定期的にコーキングのチェックを行う事がとても大切です。

 

 

コーキング(シーリング)のひび割れや剥がれを放置すると雨漏りに繋がる!?

経年劣化によってひび割れや剥がれが生じたコーキングは、そのまま放置すると室内の雨漏りを引き起こす場合があります。

 

コーキングの役割の1つは、雨水の侵入を防ぐ事。
ひび割れや剥がれが生じている状態では、その機能を充分に果たす事はできません。

 

劣化部分から侵入した雨水は、住宅の内部に侵入します。
構造内部の外側には、防水シートが貼られていますが、何度も雨水が侵入してきた場合はその防御力が低下してしまうでしょう。

 

すると、その内側にある柱や住宅を暖めている断熱材にまで雨水が到達し、室内の雨漏りが発生してしまうのです。
雨漏りがひどくなり、補修を依頼した時には住宅の内部は腐敗しているかもしれません・・。

 

そうならない為にも、早めにコーキングを補修する事が大切です!

 

リフォームの森の「雨漏りスピード補修」はコチラ

 

 

コーキングの補修は打ち替えか増し打ち

 

コーキングの補修方法は、打ち替えと増し打ちの2つの方法があります。

 

・「打ち替え」施工してあるものを一度取り除き、全て新しいコーキングにする

・「増し打ち」施工してあるものにコーキングをプラスする

 

既存の状態や外壁の種類、築年数によってどちらにするか決定しますが、打ち替えが行われる事が多いでしょう。

 

コーキングは「一定以上の厚み」がないと本領を発揮できません。
増し打ちをした場合、新しく打った部分が薄くなってしまい、すぐに剥がれてきてしまう可能性があります。

 

コーキングを追加したとしても、前に打った部分と一体化するわけではありません。
前の部分は前の部分、新しい部分は新しい部分というように二層になるという事です。

 

その為、増し打ちをする際は充分に厚みが確保できる事を確認してから施工することになります。
お見積もりの際などに施工業者からその辺のお話があると思いますので、厚み等の話をしっかり聞いておきましょう。

 

 

コーキングの補修は外壁塗装とセットがお得!

 

 

コーキングの補修は外壁塗装とセットで専門業者に依頼するのがお得です。
その理由は、足場設置の費用にあります。

 

コーキングの補修と外壁塗装、どちらも高所の作業が必要になる為、足場の設置が必須な工事です。
それぞれの工事を単独で行った場合は、単純に2回分の足場費用がかかりますよね。

 

一緒に工事をしてしまえば、足場は1回の設置で済むので1回分の経費を節約する事ができます。

 

外壁の劣化も、コーキング同様経年劣化が原因となっていることが多いです。
同じ時期にひび割れなどの劣化が目立つようになる事が予想されますので、是非一緒に検討してみて下さいね。

 

 

コーキングのひび割れや剥がれまとめ

 

さて、今回は外壁のコーキングのひび割れや剥がれの原因、放置した場合に起こってしまう事をまとめてきました。

 

経年劣化によって起こるひび割れや剥がれは、放置すれば雨漏りや構造内部の腐敗に繋がり、その分修繕費用がかさんでしまいます。
場合によっては数百万という規模になってしまうので、そうならないよう定期的にコーキングの状態をチェックし、早期の補修をすることがおすすめです。

 

また、外壁塗装と一緒に工事をすれば、足場設置の費用を節約できてとてもお得です。
一緒にできる工事はないかという部分も含めて、住宅のメンテナンスを考えてみて下さいね。

 

リフォームの森は無料で建物の診断を実施しております。
「そろそろメンテナンスの時期かな?」「前回チェックしたのはいつだろう・・?」と思ったら、是非お声がけください♪

 

「屋根・外壁0円診断」はコチラ!

 

もちろん、屋根や外壁以外の軒天の補修や塗装などのお問い合わせもお待ちしております。
お気軽にご連絡くださいね!

 

リフォームの森に相談する

 

 

-Ku-

 

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics