屋根工事のQ&A

壊れてしまっていたり、腐食を起こしてしまったりするところがありますが、塗装以外にも工事を依頼することはできますか?

2021年7月11日更新

はい。可能です。塗装や屋根工事を行う際に腐食する部分や損傷している部分がもしありましたら事前に補修をしていきます。

 

塗装や屋根工事をしてしまえば見た目では目立たなくなるかもしれませんが、悪くなっているところをそのままにすることになりますので、根本的なことが解決されず建物の性能が向上されているわけではありません。

 

大切な建物を維持していくためには、悪くなっているところをしっかり直してから塗装や屋根工事をすることが重要です。劣化症状にはひび割れやチョーキング、汚れの付着などがあります。屋根の場合ですと高い場所にあるため肉眼では状態を確認することはできません。このことから屋根は劣化している状態をそのままにしてしまいがちですので、定期的に状態を確認しておくことが大切です。しかし、一般の方が梯子をかけて屋根に登るのは危険ですので、屋根の状態を知りたいという方は専門業者に依頼することをおすすめします。

 

リフォームの森では無料で診断をしておりますので、なにかお家のことでお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

***

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics