屋根外壁工事現場レポート

宇都宮市 屋根工事 下塗り塗装

2019年6月18日更新

屋根工事 宇都宮

本日は栃木県宇都宮市のお客様先にて屋根塗装の下塗り工事を行ってまいりました。

 

塗装工事は基本的には屋根も外壁も下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本となります。

 

また、下塗りはシーラー、フィラー、プライマーの三種類がありますが、本日はシーラーでの下塗り作業となりました。

 

シーラーを塗った後にタスペーサーを挿します。

 

タスペーサーをすることにより、隙間を確保する目的としては、基本的に雨水は屋根の中へ入りにくい構造になってますが、どうしても想定外の強い風雨では屋根の内部へ雨水が入ることがあります。

 

隙間が塞がっていると、その雨水が排出されなくなってしまいます。また屋根の内部で結露が起こった場合にも同じことが言えます。それらを放っておきますと溜まった水分が屋根の内部を痛めたり、雨漏れの原因へと繋がります。

 

明日も晴れそうなので明日は中塗り作業になります。

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics