屋根外壁工事現場レポート

真岡市 外壁塗装 下地調整 コーキング処理 無料見積もり

2019年8月8日更新

下地調整
真岡市にて外壁塗装の下地調整を行ってきました。
 
サイディングなどの外壁の場合には下地調整としては建物全体のコーキングを撤去する作業から始めますがこちらのお施主様宅のようにモルタル外壁の建物の場合には劣化部分の補修が必要になります。
 
サイディングのようにジョイントはありませんのでコーキング撤去する箇所は経年劣化次第になります。
 
小さなクラックなどは防水補修剤を塗り込んだ後でペーパーがけをして下地調整を行います。
 
大きなクラックの場合には一度クラックの周りの外壁を削り取る必要があります。
 
コーキングの性能を十分に発揮するには充填するコーキングの厚みや幅も重要なポイントになります。
 
幅が狭いクラックにそのままコーキングを充填してもあまり効果がありませんしクラックの深さが浅い場所に充填してもすぐに剥がれてしまいます。
 
コーキングによって下地調整を行った場所は補修跡として目立ってしまう事があるので注意が必要です。
 
下塗り工事で使用する塗料に隠蔽性能があれば補修跡も消えやすくなりますがシーラーなどではそのまま残ってしまいます。
 
そのためモルタル外壁の下塗りには微弾性フィラーを施行する事が一般的になっていますね。
 
建物の構造や下地の状態に合わせた塗料の選択が大事です。
 
★M★
 
 
 
 

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics