屋根外壁工事現場レポート

栃木県矢板市 屋根塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2020年3月23日更新

屋根塗装

栃木県矢板市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。

 

屋根塗装が必要な素材は、スレート屋根やセメント瓦などに限られています。

 

カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、とくに注意が必要な点が多くなりますね。

 

下塗り工事を行う前には、劣化によって発生しているひび割れやクラックの補修も必要になります。

 

ひび割れやクラックの補修には、防水補修材やコーキングを使用します。

 

軽微なひび割れであれば、簡単に修復することが可能ですね。

 

しかし、大きなクラックや欠けの場合には、スレート屋根の差し替えも検討する必要がありますよ。

 

下塗り工事で使用するシーラー塗装は、無色もしくは乳白色の塗料が多くなります。

 

塗装直後は乳白色が残っていることもありますが、乾燥すると透明の塗膜を形成します。

 

スレート屋根の劣化状態によって、塗装後の状況をチェックすることが大事になります。

 

シーラー塗装を行っているにも関わらず、塗装前のように艶が引いてしまう場合には注意が必要です。

 

スレート屋根の劣化が激しく、塗料の吸い込みが激しいことが予想できますね。

 

その状態の時には、再度シーラー塗装を行うなどの判断が必要になりますね。

 

屋根塗装についてはこちら→屋根塗装について

 

★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics