屋根外壁工事現場レポート

栃木県足利市 外壁塗装 下地調整 コーキング 耐久性

2020年4月6日更新

下地調整
栃木県足利市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
下地調整の工程は、高圧洗浄を行った建物が乾燥する期間を利用して行うことがあります。
 
水分を含んでいる状態での塗装作業は、最終的な美観の問題や施工不良などにも繋がるので注意が必要ですね。
 
コーキング処理の中には、サイディングのひび割れやクラック補修も含まれています。
 
小さなクラックには、コーキングや防水処理剤を使用します。
 
クラックの大きさや深さなどから判断して、危険なクラックの場合には周辺の外壁を削ってから作業に移ります。
 
コーキングの量や幅、深さを確保することで、クラック部分を保護する機能を持たせることが大事ですね。
 
コーキング処理の中には、既存のコーキングの劣化部分だけを撤去する方法があります。
 
増し打ち工法と言われる方法で、既存のコーキングの撤去が難しい場合やリスク回避のために選択されていますね。
 
玄関ドアや勝手口などのサッシまわりでは、コーキングの打ち換えを行うことがあります。
 
しかし、サッシまわりには構造上重要な防水テープが張られています。
 
既存のコーキングを撤去する際に、防水テープまでカットしてしまわないために増し打ち工法を行うケースも少なくありませんね。
 
下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics