屋根外壁工事現場レポート

栃木県鹿沼市 外壁塗装 上塗り 雨戸 木製サッシ

2020年5月12日更新

付帯塗装
栃木県鹿沼市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨戸の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、最終的な段取りとして組まれていることが多い場所になりますね。
 
破風や鼻隠し、雨どいに続いて行う作業になります。
 
雨戸は建物の年代によって、使用されている素材が異なります。
 
そのため、材質に合わせて使用する塗料も変えて作業する必要がありますね。
 
雨戸の材質として多いのは、アルミ製や木製になります。
 
アルミサッシの雨戸は比較的に新しい建物で採用されています。
 
塗装する場所は、雨戸や戸袋の中でも波型の部分のみになります。
 
一方で、木製の雨戸の場合には塗装する範囲も増えていしまいますね。
 
基本的な波型の部分の塗装は変わりません。
 
しかし、木製のサッシまわりには多くの塗装場所が残っています。
 
サッシ枠はもちろんですが、霧除けなどの付随していることも多いので、全体の塗装面積を増やす結果になりますね。
 
また細かな部分が多くなるので、塗装面積に比べてかかる時間や手間が多くなる傾向にあります。
 
最近の建物では、雨戸の採用が少なくなっています。
 
シャッターの普及が進んでいるので、雨戸や戸袋を目にするのは塗り替え現場がほとんどになっていますね。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics