屋根外壁工事現場レポート

栃木県足利市 屋根塗装 下塗り シーラー スレート屋根

2020年6月2日更新

屋根塗装
栃木県足利市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
下塗り工事として使用する塗料は、基本的にシーラーになります。
 
シーラーはサイディングなどの塗り替えで使用するものと同様に、既存の屋根材と新しい塗料の密着をよくする役割を担っています。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の塗り替えを行う際には、シーラー塗装はとても重要なポイントになりますね。
 
スレート屋根は劣化具合によって、さまざまな状態になってしまいます。
 
スレート屋根自体が劣化した場合には、素地が露出することで水分などの吸い込みが激しくなる傾向があります。
 
屋根全体で吸い込みに違いがあると、最終的な仕上がりにも大きな影響を与えてしまうことがあります。
 
屋根の角度によってはあまり見えないこともありますが、全体を通してみるとムラが発生していることも少なくありません。
 
吸い込みにムラがある状態を整えるためにも、下塗り工事で行うシーラー塗装はとても重要ですね。
 
屋根材の状態によっては、シーラー塗装を2回、3回と繰り返し行うことも必要になりますよ。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 

 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics