屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装工事 軒天井塗装

2020年12月12日更新

軒天井塗装の画像

本日の現場レポートは栃木県宇都宮市の塗装現場の続きをお伝えします。

今回ご紹介する作業は軒天井の塗装です。

 

軒天井とは屋根が伸びている裏側の天井部分のところです。

軒天井には3〜5mmほどの合板やケイカル板などが張られており、この板の裏側には屋根の垂木があります。

 

もし、軒天井がないと屋根の垂木が剥き出しになり、さらに隙間もあるため虫や動物などが家の中に侵入してしまいます。

 

和風建築の中にはあえて軒天井を設けずに垂木を見せる構造のものもありますが、そういう建物はちゃんと隙間をなくして虫や動物などが侵入してこないつくりになっています。

 

軒天井塗装の画像

 

一般的な住宅には軒天井が設けてあり、定期的に塗装をする必要があります。

軒天井は湿気がこもりやすく、苔やカビも発生するところです。

また、素材自体も厚みがないため劣化すると腐食してしまいます。

 

腐食した軒天井はケレンがけなどの素地調整時に十分な強度が保っていないせいで下地処理が甘くなってしまう恐れがあります。

 

このような状態だと塗装の耐久性にも影響しますので、下地処理が十分にできない箇所は軒天井を張り替えなければいけません。

 

軒天井を塗装する時は湿気や苔、カビなどに対策しておくことが大切なため、湿気を通す透湿性のある塗料を選ぶのがお勧めです。

張り替えを行うとなると工事費用も嵩んでしまうので、劣化する前に塗装をしましょう。

 

塗装を行うタイミングはいくつか建物にある症状が現れます。

詳しくはこちらの「こんな症状には要注意!」をご参考にしてください。

*mu*

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics