屋根外壁工事現場レポート

栃木県小山市 外壁・屋根塗装 付帯部の塗装 雨樋・幕板・軒天井・シャッターボックス

2021年5月9日更新

雨樋ケレンの画像

今回の現場レポートは栃木県小山市の現場にて付帯部の塗装を行いました。

塗装工事では屋根や外壁の他に付帯部も塗装をします。

 

付帯部とはどこ?と思われるかもしれませんが、大まかに言いますと屋根や外壁の他の部分を指し、雨戸やシャッターボックス、軒天井などがそうです。

 

今回は付帯部である雨樋や幕板、軒天井、シャッターボックスの塗装作業をご紹介していきます。

まずは、雨樋のケレンです。

 

雨樋塗装の画像

 

ケレン後は塗装をしていきます。

雨樋は年数により色褪せてきますの建物の外観を良くするために外壁と一緒に塗装してあげましょう。

ご依頼のあったお客様のお家には四角い形状をしている角樋が取り付けてありました。

 

幕板の塗装の画像

 

続いて幕板の塗装です。

幕板は装飾目的で取り付けてあり、今回はアクセントとして外壁とは違う色で仕上げました。

 

軒天井塗装の画像

 

軒天井は湿気がこもりやすい場所ですので、透湿性のある塗料がおすすめです。

劣化症状や痛みが出る環境が異なりますので、外壁で使用する塗料とは違う軒天井にあった塗料を選んで塗装してあげることが大事です。

 

シャッターボックスの塗装の画像

 

最後にシャッターボックスの塗装です。

シャッターボックスは鉄ですので、下塗りに錆止めを塗ります。

 

シャッターボックスはスチールが使われている場合がありますので、色褪せていましたら塗装してあげると見栄えが良くなります。

 

それでは今回は付帯部の塗装作業をご紹介しました。

付帯部も建物の外観を決める大切なところですので、どんな色で塗るかこだわって選びましょう。

 

塗装工事は屋根と外壁を一緒に行うと足場代を節約することができます。

塗装工事をご検討している方は、ぜひご一緒に工事を行うことをご検討してみてください。

 

詳しくはこちらの「屋根工事と外壁工事はセットがお得」をご覧ください。

*mu*

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics