屋根外壁工事現場レポート

栃木県真岡市 破風板 下地処理〜上塗り塗装

2021年7月28日更新

破風板のケレンの画像

栃木県真岡市のお客様から外壁塗装工事のご依頼をいただきました。

今回は破風板の塗装作業をご紹介致します。

 

こちらの現場の破風板は木材が使われていますが、その他にも窯業板やケイカル板などあって建物によって破風板の素材も様々あります。

破風板が木材の場合は、腐食に注意しなければいけません。

 

屋根や雨樋に接しているところに破風板はありますので、水に触れやすく塗装が劣化していると水を染み込んで腐食してしまいます。

腐食すると破風板を交換しなければいけなくなってしまいますので、なるべく痛みが出ないうちに塗装をしてあげましょう。

 

破風板は通常の塗装と同じように、まずは下地処理のケレンから行います。

この時に破風板が腐食しているとケレンができなくなってしまいますので注意が必要です。

 

破風板塗装の画像

 

ケレンが完了したら塗装の開始です。

木部の場合は状態に合わせて下塗りをするか決めます。

 

状態が悪くなっていたり、塗料の密着性が悪そうな場合は下塗りを行います。

外壁塗装に使う塗料は樹脂が配合されていますので、塗装後は膜を張って撥水するようになります。

 

このため木材でも水が染み込んでいかなくなり、耐久性も上がって長く保たせることができます。

2階の破風が腐食してしまった場合は、交換するにも足場が必要になり、工事費用もかかってしまいます。

 

できるだけ腐食させないことが望ましいので、破風板の状態には注意し、適切なタイミングで塗装を行いましょう。

 

リフォームの森は無料で建物に診断を行っております。

建物の状態を知りたいという方は、ぜひ当社の無料診断をご利用ください。

点検についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

“mu”

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics