屋根外壁工事現場レポート

栃木県真岡市 外壁ジョイント部 下地処理 ケレン

2021年7月31日更新

外壁ジョイントの画像

栃木県真岡市の塗装現場にて下地処理の作業を現場レポートします。

ご依頼いただいた建物の外壁はジョイント部がありました。

上記の写真を見ての通りジョイントのところは経年劣化により隙間ができてしまっています。

 

外壁材の下には防水紙が張られていますので、水が入ってもすぐに雨漏りを起こすというわけではありません。

しかし、防水紙も年数が経つにつれて劣化してきますので、極力水が入らないようにしておくことが大切です。

 

下地処理の画像

 

ジョイントのところには古い塗装が残っていますので、きれいにとり除く必要があります。

皮すきを使ってジョイントの奥に詰まっている古い塗装のカスを取り除きました。

 

下地処理の画像

 

次にナイロンタワシでケレンを行います

ケレンはその他にもサンドペーパーやディスクサンダーなどいろいろな道具を用途や状態に合わせて使い分けていきます。

 

研磨剤で塗布面を磨くことで、旧塗膜の除去と塗布面を平滑にすることができます。

外壁塗装に使う塗料は、素材に染み込んでいくというものではなく、膜を張って密着するという仕組みになっています。

 

下地の密着性が悪いと塗装はすぐに剥がれてしまいますので、下地処理を行って塗布面を調整していくことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

塗装を長持ちさせるには下地処理が適切に行われていることですので、塗装工事をご計画されている方は、下地処理を適切に行ってくれる業者に依頼するようにしましょう。

“mu”

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics