屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 引き込み配管カバーのシーリング打ち

2022年2月5日更新

引き込み配管カバーの画像

栃木県宇都宮市にて引き込み配管カバーのシーリング打ちを行いました。

普段使う水やお湯の配管は外から引っ張ってきて屋内へと引き込みます。

 

配管を屋内に引き込むときに外壁を開口するのですが、このまま穴をあけっぱなしでは雨や風が入ってきて大変です。

そこで風雨の侵入を防ぐのが配管カバーです。

 

建物にはいろいろな部材が取り付けられており、そこにシーリングが打たれています。

シーリングも経年劣化してきますので、塗装工事をするときは一緒にメンテナンスしておくことをおすすめします。

 

当社の無料診断についてはこちらから

 

【シーリングを打っておく理由】

引き込み配管カバーの画像

 

上の写真のようにカバーと外壁が接するところは隙間ができます。

いちおうカバーの周りにはゴムパッキンが取り付けられていて密閉するようにしてありますが、これだけでは不十分です。

 

これくらいの隙間なら水が入ってきてもそこまで問題はないだろうと思うかもしれませんが、たくさん雨が降る日は屋内に入る水の量も増えます。

 

また、すぐ近くに土台がありますので、もし濡らしてしまうと腐食やシロアリを寄せ付ける原因になります。

少しでも水が入ってこないようにシーリングを打って隙間をなくしておくことが大切です。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りスピード補修」をご覧ください。

 

【引き込み配管カバーのシーリング打ち】

施工は既存カバーの周りにシーリングを打っていきます。

このままシーリングを打ってしまうと外壁にシーリングがついてきれいに仕上げることができませんので、カバーの周りをマスキングテープで養生します。

 

その後にプライマーを塗って密着性を良くしてからシーリングを打っていきます。

コーキングガンで打ったままだと表面がデコボコですので、ヘラで均して綺麗に整え、最後にマスキングテープを剥がして施工完了です。

 

シーリングは5〜10年ほどが耐用年数です。

サイディングの目地とは違って細かいところですが、こういったところもちゃんと防水しておくことが大切ですので、定期的にシーリングを新しくしてあげましょう。

 

シーリング工事についてはこちらから

 

“mu”

 

栃木県宇都宮市、塩谷町、鹿沼市、さくら市、真岡市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォームの森へお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市で雨漏り修理、屋根工事、雨どい、瓦屋根、漆喰など修繕、葺き替え、張替え、カバー工法なら【リフォームの森】

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics