屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 造作木枠の室内塗装

2022年3月26日更新

内装塗装の画像

栃木県宇都宮市の現場にて造作木枠の室内塗装を行いました。

内装ドアや引き戸の木枠は造作のものが使われていましたので、新しく塗り替えました。

 

室内にあるものなので外壁や屋根のように痛みはでにくいですが、年数が経つと汚れがこびりついたり、塗装も色褪せてきます。

 

内装クロスが新しくなると古くなっているのが目立ってしまいますので、クロス貼り替えのタイミングで塗装をすることをおすすめします。

 

当社はお家のメンテナンス工事を承っております。

対応工事についてはこちらの「工事メニュー」をご覧ください。

 

【造作木枠の室内塗装】

内装塗装の画像

 

室内とはいえ、いきなり塗装をしても下地から剥がれてしまいます。

木枠には埃などの汚れが付着していますので、ケレンなど下地処理をしてから塗装をします。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下処理」をご覧ください。

 

下地処理後は上塗りをしていきます。

今回は既存色と同じホワイトで仕上げました。

 

木枠は物をぶつけて抉れてしまっていることもありますので、傷がついているところはケレンやパテを塗って平滑にしてから塗装をするときれいに仕上げられます。

 

【塗料の臭いが気になる方は水性塗料がおすすめ!】

内装塗装の画像

 

塗料は溶剤と水性があります。

溶剤塗料はシンナーで希釈するため刺激臭を放ちますので、室内で使うと臭いが充満します。

 

人によっては具合を悪くしてしまう方もいらっしゃいますので、塗料の刺激臭が苦手という方は臭いが少ない水性塗料がおすすめです。

 

水性塗料は水で塗料を希釈しますからシンナーの強い臭いはありません。

まったく臭いがないというわけではなく塗料の独特な臭いはありますが、溶剤塗料よりも臭いは少ないので、室内塗装をするときはぜひご検討ください。

 

塗料についてはこちらの「外壁塗装の塗料はどう選べばいい?種類と選び方を解説!」もご参考にしてください。

 

“mu”

 

栃木県宇都宮市、塩谷町、鹿沼市、さくら市、真岡市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォームの森へお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市で雨漏り修理、屋根工事、雨どい、瓦屋根、漆喰など修繕、葺き替え、張替え、カバー工法なら【リフォームの森】

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics