屋根外壁工事現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 下地調整 コーキング 種類 ウレタン

2020年6月15日更新

下地調整
栃木県小山市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
高圧洗浄工事では、建物全体が濡れてしまうので翌日以降の作業になります。
 
下地調整では、サイディングなどの外壁のひび割れやクラックの補修を行っていきます。
 
ひび割れやクラックは、基本的に外部からの衝撃がない限り発生することはありません。
 
しかしサイディングの工法が釘打ちの場合には、長い年月をかけてひび割れが発生することもあります。
 
釘打ち工法が選択されているのは、サイディングの厚みや建物を建て時期などが関わっています。
 
現在のサイディングの施工方法は、引っ掛け式が主流になっていますね。
 
ひび割れやクラックの補修には、コーキングを使用することが一般的です。
 
構造上の問題に繋がりそうな、大きなクラックの場合にはさらに注意が必要になりますね。
 
またサイディングの場合には、ジョイント部分のコーキングの打ち換えも必要になってきます。
 
見た目が綺麗でも、コーキングの内部は劣化が進んでいることが多いので、塗り替えと同時に打ち換えをおすすめしていますよ。
 
塗料のグレードを上げても、コーキングの質が悪いと本来の耐久性を発揮できないこともあるので注意してくださいね。
 
下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics