屋根外壁工事現場レポート

栃木県矢板市 外壁塗装 下塗り シーラー 塗装

2020年6月22日更新

外壁塗装
栃木県矢板市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。

外壁塗装の工程では、軒天の塗装に続いて行う作業になりますね。

軒天の塗装とサイディングなどの外壁の下塗り工事は、順番が変わることもあるので注意が必要ですね。

軒天の塗装を先行した方が、最終的なおさまりは綺麗になることもあります。

軒天とサイディングの境目に見切りがある場合には、綺麗に納まることができます。

しかし、コーキングだけでつながっている場合には、軒天の塗装を先行したほうが綺麗に納まりますね。

理由としては、軒天を先行して塗装することで、軒天側に見切りの養生を行うことが可能になるためですね。

軒天とサイディングでは、基本的に軒天の方が表面がフラットに仕上がっています。

軒天の素材によってはそうでないこともありますが、一般的なケイカル板の軒天の場合にはフラットになっていますね。

下塗り工事のシーラー塗装を行う場合には、塗装作業の直前に養生の押さえなおしをすることが大事なポイントになります。

液体のように滑らかなシーラーは、養生のちょっとした隙間からでも養生の内側に入り込んでしまいますよ。
 
外壁塗装についてはこちら→外壁塗装について
 
 

★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics