屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 上塗り 付帯 雨戸 戸袋

2020年7月1日更新

付帯塗装
栃木県宇都宮市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨戸の塗装を行ってきました。

外壁塗装の工程では、最終的な付帯部分の塗装として行われる場所になりますね。

一般的には、刷毛を使って塗装することが多い雨戸ですが、最近ではローラーを使って作業することも増えています。

ローラーと言っても、サイディングなどの外壁を塗装する6インチサイズではなくさらに小さなミニローラーになりますね。

6インチの他にも4インチのローラーもありますが、付帯部分の塗装ではさらに小さな種類を採用しています。

ミニローラーの大きさも豊富になっているので、塗装場所に合わせて選択することが可能になっていますよ。

雨戸や戸袋の形状は、波型が多くミニローラーのサイズに合わせて塗装が可能です。

従来は刷毛塗装を1列1列行っていましたが、ミニローラーを使用することで均一な仕上がりが可能になりました。

刷毛塗装では、職人の技術が仕上がりに大きな影響を与えています。

刷毛に含ませる塗料の量や、動かし方によって塗料の垂れ、かすれなどが出てしまいます。

ミニローラーを使用することで、カスレてしまうことはほとんどなくなります。

その代わりに塗料を含みすぎた場合には、垂れが発生しやすくなるので注意が必要ですね。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 

★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics