屋根外壁工事現場レポート

栃木県栃木市 付帯塗装 破風下地処理〜塗装 軒天井の塗装

2021年5月22日更新

破風下地処理の画像

栃木県栃木市の塗装現場にて付帯部の破風と軒天井の塗装を行いましたので現場レポートをご紹介します。

破風板の多くは木材や窯業板、ケイカル板が使われているのですが、こちらの現場は板金が張られていました。

 

この板金の下には木材の板が張ってあり、やはり板金部分を塗装しておかないと後々塗装が劣化して木部を痛めてしまう可能性が出てきます。

 

まずは下地処理のケレンを行って塗料の密着性を高めていきます。

下地処理は塗装の耐久性に大きく関わる工程ですのでしっかり行うことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

破風塗装の画像

 

下地処理の後は塗装をしていきます。

今回は既存の板金の色と同じ濃いめのブラウンで塗装をしました。

 

似た色で塗装していますので、見栄えはあまり変わりませんが、塗装することでしっかり撥水性を持たせることができ材が長持ちします。

 

軒天井塗装の画像

 

続いて軒天井の塗装です。

軒天井は湿気がこもりやすいので、湿気対策となる塗料を塗ってあげましょう。

 

また、北側は苔やカビが発生しやすいため防藻性や防カビ性の機能を持っているとさらにいいです。

どんな塗料で塗装するかで耐用年数や特徴が変わってきます。

 

大切なのは状態や素材、環境などを考慮して最適な塗料を選ぶことです。

塗料は種類がたくさんあるので、どんな塗料を選べばいいか塗装業者に相談して色々アドバイスをもらってから選びましょう。

*mu*

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics