屋根外壁工事現場レポート

栃木県鹿沼市 付帯部塗装 雨戸 ケレン〜仕上げ塗装

2021年8月29日更新

雨戸のケレンの画像

栃木県鹿沼市の現場にて付帯部の塗装作業をお伝え致します。

 

まずは雨戸の下地処理です。

下地処理は塗料の密着性を高めるものですので、塗装の耐久性に関わってきます。

下地処理が甘いと塗装が長持ちしませんので念入りに行うことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」ご覧ください。

 

雨戸の塗装の画像

 

下地処理のケレンを行った後は下塗りです。

鉄部の場合は錆止めが下塗り剤となっていることが多いです。

 

選んだ塗料によって材料も多少異なりますので、自分が選んだ塗料をよくチェックしておくことをおすすめします。

塗料の性能を最大限発揮させるためには、正しい材料選定と施工が重要になります。

 

雨戸の塗装の画像

 

雨樋の塗装が完了です。

塗装は劣化してくるとチョーキングという劣化症状がでてくることが多いです。

チョーキングとは塗料の樹脂成分が劣化し、顔料が白い粉になってでてくる現象です。

 

チョーキングを起こしていると塗料の性能は低下し、建物にはよくありませんので、もしチョーキングのような劣化症状がでていましたら塗装をして保護してあげましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

それでは今回の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装工事の作業をご紹介していきますので楽しみにお待ちください。

“mu”

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics