屋根外壁工事現場レポート

栃木県さくら市 外壁塗装・付帯部塗装 付帯部ってどこ? 外壁塗装をされる殆どの方が雨樋も塗装される理由

2021年10月23日更新

栃木県さくら市 外壁塗装・付帯部塗装 付帯部ってどこ 外壁塗装をされる殆どの方が雨樋も塗装される理由 (2)

栃木県さくら市にて、外壁塗装・付帯部塗装を行いました!

 

今回は、付帯部の塗装の様子についてお伝えします。

 

【付帯部ってどこ?】

塗装工事で「付帯部」とは、建物の外壁、屋根以外の全てのパーツを指します。

雨樋、雨戸、シャッターボックス、シャッター、霧除け庇、玄関ドア、郵便ポスト、軒天、破風板、鼻隠し、水切りなど沢山あります。

 

栃木県さくら市 外壁塗装・付帯部塗装 付帯部ってどこ 外壁塗装をされる殆どの方が雨樋も塗装される理由 (1)

 

塗装工事は屋根や外壁がメインに見られがちなので、付帯部はあまり目立たないので軽視されがちです。

しかし、付帯部も屋根や外壁と同じく、毎日紫外線や雨風にさらされて、日々劣化していきます。

付帯部が原因によって雨漏りに繋がる事も少なくありません。

お住まいを大切に保護する為に、外壁塗装や屋根塗装の際には付帯部の塗装もご検討ください。

「知っておきたいお住まいの各部位の名前」については、こちらのページです。

 

【外壁塗装をされる殆どの方が雨樋も塗装される理由】

屋根に降った雨水を下水や地上に導いてくれる雨樋は、外壁塗装を行うほとんどのお客様が塗装をご依頼されます。

雨樋は建物に長く取り付けられていて、かつ塗膜が剥がれやすい場所である為、せっかく外壁塗装をしても雨樋がボロボロだと、そこばかり悪目立ちしてしまい、結局建物が古びて見えるからです。

外壁塗装は保護や補修が第一の目的ですが、美観も目的の1つです。

外壁を綺麗に見せる為に、雨樋も綺麗にしておく方がほとんどなのです。

「屋根・外壁のリフォーム、防水工事が初めての方へ」は、こちらのページです。

 

栃木県さくら市 外壁塗装・付帯部塗装 付帯部ってどこ 外壁塗装をされる殆どの方が雨樋も塗装される理由 (2)

 

雨樋は素材によっては保護目的の塗装が必要ないものもあります。

例えば銅の場合は、もともと強固な素材でできているので、塗装による保護が必要ありません。

雨樋によく使用されている塩化ビニール素材のものは塗り替えによって保護する必要があります。

 

雨樋は劣化すると割れる事があり、雨水が高い所からボタボタと落ちてしまいます。

すると強く跳ね返った雨水が基礎や外壁を傷めてしまい、建物の寿命を縮める事になります。

また、ボタボタという音が気になって眠れないなんて事もあります。

そうならないよう、定期的に塗装をしてあげましょう。

 

なお、当社では雨樋の塗装だけでなく、つまりの除去、修理、部分交換、全交換なども承っています。

雨樋の破損は放置せず、早めに対処しましょう。

「事業内容・工事メニュー > 雨どい工事(修理・交換)」については、こちらのページです。

 

−N−

 

栃木県宇都宮市、塩谷町、鹿沼市、さくら市、真岡市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォームの森へお気軽にご相談ください。

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics