屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 屋根遮熱塗装 下塗り〜中塗り〜上塗り

2022年1月30日更新

屋根塗装の画像

栃木県宇都宮市の現場にて屋根遮熱塗装の下塗り〜中塗り〜上塗りを行いました。

屋根は太陽の熱を吸収し、表面温度がかなり高くなります。

 

とくに夏場は屋根が高温になりますから、その熱が室内にまで伝わってきて室温を上げてしまいます。

夏場になると室温が上がってなんとかしたいという方は、遮熱塗料で改善できるかもしれませんので、屋根塗装を行うときは、ぜひご検討ください。

 

無料診断についてはこちらから

 

それでは遮熱塗装の作業をお伝えしていきます!

 

【屋根遮熱塗装 下塗り〜中塗り〜上塗り】

屋根塗装の画像

 

屋根塗装は洗浄や補修を行なった後に下塗りでシーラーを塗ります。

今回は遮熱塗料で仕上げますので、下塗り剤も専用のものを使います。

 

塗料によって違いはありますが、遮熱塗料は下塗り剤にも遮熱性を持たせているものがあり、材料選定を間違えてしまうと性能を落としてしまいますのでご注意ください。

 

下地処理についてはこちらの「施工の際の下地処理」をご覧ください。

 

屋根塗料の画像

 

今回はアステックペイントの遮熱塗料を使います。

下塗りをした後は上塗りを2回行います。

 

塗膜が薄いと十分な遮熱性能を得ることができませんので、規定の厚さになるまで塗り重ねます。

仕上げる色によっても遮熱性能が変わってきますので、遮熱塗料で塗装する際は色の遮熱性能を確かめてから決めましょう。

 

屋根塗装についてはこちらから

 

【スレート屋根の塗装は縁切りも必ず行いましょう】

屋根塗装を行う時は必ず縁切りを行なっておくことが大切です。

縁切りをしておかないと屋根を痛めてしまう恐れがありますのでご注意ください。

 

縁切りの方法は塗装後にカッターで塗膜をカットする方法とタスペーサーを取り付ける方法があります。

縁切りをしておくことで屋根材に隙間ができ、水や湿気を逃げていきますので、これから屋根塗装をされる方は、縁切りの工程があるか確認しておくことをお勧めします。

 

縁切りやタスペーサーについては下のページでお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

「タスペーサーの重要性 ~雨漏りから屋根を守る、タスペーサーとは」

 

「下地調整の重要なポイント5 縁切り作業」

 

“mu”

 

栃木県宇都宮市、塩谷町、鹿沼市、さくら市、真岡市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォームの森へお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市で雨漏り修理、屋根工事、雨どい、瓦屋根、漆喰など修繕、葺き替え、張替え、カバー工法なら【リフォームの森】

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics