屋根外壁工事現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装工事 劣化症状を放置するリスクとメンテナンスのタイミング

2022年9月16日更新

栃木県宇都宮市 外壁塗装工事 劣化症状を放置するリスクとメンテナンスのタイミング

栃木県宇都宮市の外壁塗装工事にて、本日は劣化症状を放置しておくリスクとメンテナンスのタイミングについてお伝えします。

 

前回の現場レポートはこちらの「栃木県宇都宮市 S様邸 外壁・屋根塗装工事 高圧洗浄を行う目的は?」をご覧ください。

 

【工事代が膨らんでしまう原因に!劣化を放置するリスク】

栃木県宇都宮市 外壁塗装工事 劣化症状を放置するリスクとメンテナンスのタイミング

建物は風雨にさらされて経年劣化してきます。

 

劣化症状には

 

・チョーキング

・クラック

・汚れの付着

・苔やカビの発生

・鉄部のサビ

・木部の腐食

 

などがあります。

 

これからも長く建物を維持していくためには定期的にメンテナンスが不可欠です。

 

劣化したままにしておくと、放置した分だけ状態が悪くなってきます。それこそ雨漏りしてしまうと建物の寿命を縮める恐れがありますから、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

 

被害が広がれば、その分だけ工事の規模が大きくなり、工事代がかかってしまいます。メンテナンスのトータルコストを抑えるには適切なタイミングで工事することが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【メンテナンスはいつすればいい?タイミングとなるサイン】

栃木県宇都宮市 外壁塗装工事 劣化症状を放置するリスクとメンテナンスのタイミング

気になるのはいつ工事をすればいいかということだと思います。

 

サインとなるのは「年数の経過」と「劣化症状」です。

 

場所によっては目視で確認できないところもあります。劣化していないから大丈夫だとしても、ある程度年数が経っていましたら傷んでいることに気がついていないだけかもしれませんので、一度専門業者に依頼して建物の状態を見てもらいましょう。

 

リフォームの森は無料で建物診断を行っております。建物の状態やメンテナンスが必要か知りたいという場合は、ぜひ当社の無料診断をご利用ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

栃木県宇都宮市、塩谷町、鹿沼市、さくら市、真岡市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォームの森へお気軽にご相談ください。

 

栃木県宇都宮市で雨漏り修理、屋根工事、雨どい、瓦屋根、漆喰など修繕、葺き替え、張替え、カバー工法なら【リフォームの森】

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics