屋根外壁工事現場レポート

栃木県鹿沼市 外壁塗装 下地調整 コーキング ゴム

2020年4月13日更新

下地調整
栃木県鹿沼市にて外壁塗装の下地調整として、コーキング処理を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、高圧洗浄工事に続いて行う作業になりますね。
 
高圧洗浄を行った建物は湿ってしまうので、すぐに塗装作業を進めることができません。
 
塗装作業を進めるためにも、下地調整などの下準備が重要になりますね。
 
今回行っているのは、コーキングの打ち換え工事になります。
 
コーキングの打ち換えを行うことで、建物の耐用年数を上げることにも繋がりますよ。
 
コーキングは塗り替えの目安にもなる部分で、経年劣化と共に傷みが出やすい場所でもあります。
 
劣化の最初の症状としては、コーキングの硬化が始まります。
 
本来は弾力のあるゴムのようなコーキングですが、劣化によって弾力が失われていきます。
 
さらに劣化が進むと、硬くなったコーキングにひび割れがみられます。
 
この段階に来たらそろそろ外壁塗装を検討したほうがいいですね。
 
コーキング劣化の最終段階としては、剥がれてしまうことですね。
 
コーキングが剥がれてしまうと、サイディングのジョイントやサッシまわりなどの防水性能が低下します。
 
すぐに雨漏りにつながることは少ないですが、メンテナンスが必要な状態になりますね。
 
下地調整についてはこちら→コーキングについて
 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics