屋根外壁工事現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装 破風 ローラー

2020年4月20日更新

付帯塗装
栃木県真岡市にて、外壁塗装の上塗り工事として、付帯塗装を行ってきました。
 
建物の付帯部分に当たる雨どいや破風、鼻隠し部分の塗装は、サイディングの塗装が終わってから行うことが一般的です。
 
しかし、高い部分から順番に塗装を行ってくるのが外壁塗装の鉄則です。
 
塗料の飛散などを極力避けるには欠かせない条件ですね。
 
屋根に近い付帯部分を塗装する際には、理想的な工程と順番が変わってしまうこともあります。
 
お施主様の中には、雨どいと鼻隠しの色を変えて塗装することを希望されるケースもあります。
 
色を変えて塗装する場合には、お互いの色が混ざってしまわ無いように注意が必要になりますね。
 
特に軒樋と鼻隠しは、近接して設置されているので作業は慎重に行う必要がありますね。
 
付帯部分の塗装では外壁の塗り替え時と同様に、刷毛以外にもローラー塗装を行う機会が多くなってきています。
 
ミニローラーの普及で施工性や仕上がりも以前より良くなってきています。
 
ローラーの使い分けは、ローラー自体のサイズと毛足の長さが重要になりますね。
 
長年の職人の知識と経験で、適切な道具を選択することがポイントになりますよ。
 
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
★M★

栃木のお客様の声

屋根工事の施工事例

   

栃木県地域密着!ご依頼ありがとうございました!

   

スタッフ教育、職人育成にも
力を入れています!

職人教育にも力を入れています!

保有資格一覧

  • 一級建築施工管理技士
  • 一級塗装技能士
  • 外壁劣化診断士
  • 外壁診断士
  • 有機溶剤作業主任者
  • 高所作業車技能講習終了
  • 足場の組立作業責任者
  • 安全衛生教育修了
  • 労働安全衛生法による技能講習終了
  • 他、多数

News & Topics